WordPress高速化プラグインのWP Fastest Cacheで速度が1.8倍に

WordPressでブログやホームページを運用している人はどのようなキャッシュ系プラグインを使っていますか?今まで、キャッシュ系のプラグインはW3Total Cacheやhead cleanerなどを併用していたものの、設定が微妙だったり、サーバーや他のプラグインとの相性が悪かったりで結構、面倒くさい感じでした。

今回、webshufuさんのブログで「WP Fastest Cashe」を実装したら良かった!という内容の記事を見つけたので、僕のブログでも使ってみました。結果は表示スピードが1.8秒も速くなりました。

WP Fastest Cashe実装後

結論から言うと、WP Fastest Casheはシンプルでかなり使いやすいキャッシュ系プラグインで、効果も大きいです。

スクリーンショット 2015-07-18 19.57.53

このブログで実装した結果、ページの表示が4.2秒→2.4秒と1.8秒も速くなりました。ほぼ倍速くなったので以前よりも快適にページをめくれるようになりました。

 

WP Fastest Casheのダウンロード方法

こちらの公式ページでダウンロードできます。もしくはプラグインの新規追加から「WP Fastest Cashe」で検索すると直接WordPressにダウンロードできます。

 

スクリーンショット 2015-07-18 19.51.21

 

 

星評価が5つの満点と評価も高く、多くのユーザーが使っています。

 

WP Fastest Casheの設定方法

設定は日本語対応もしており、チェックボックスを埋めるだけなので簡単です。1分あれば十分にできます。

1.プラグインを有効にするとダッシュボードのメニュー欄にチーターの画像が表示されるのでクリック。

スクリーンショット 2015-07-18 22.26.02

2.設定はすべてチェック可能となっているチェックボックスを全て埋めて、「submit」のボタンを押せば完了です。

スクリーンショット 2015-07-18 22.30.46

測定

GTmetrixというカナダの計測サイトを使うと設置前と、設置後、等色々とプラグインの設定を変えて、4回の計測を簡単に比較できるので便利です。

スクリーンショット 2015-07-18 22.59.54

 

注意点

WP Fastest Casheを実装する時の注意点は2点です。

他のブラウザ、シークレットモードでテスト

WP Fastest Casheを旅行メディアに実装して記事表示スピードもUPしたことに喜んでいたのも束の間。Chromのシークレットモードとsafaliのブラウザではトップページのソーシャル拡散数が表示されないというエラーもありました。

2.8秒も表示が早くなりスコアがAランクと評価が上がっても、うまく表示されないというエラーが…

ce7ad12b8058911ec3ba8276295b24dd1

 

 

実装後はしっかりと他のブラウザやシークレットモードでもテストしてください。

WP Fastet CacheはWPXのサーバーでは実装できないことが報告されていますが、他にmod_expires.cをサポートしていないサーバーでは使えません。ただ、ほとんどないと思われるので大丈夫でしょう。

まとめ

W3 total cacheと比べても高速化を測るためにはWP Fastet Cacheの方が効果が大きそうです。併用することも一応、可能みたいなので、どのパターンが自分のWordPressに合うか実装してみてください。

 

WordPress高速化プラグインのWP Fastest Cacheで速度が1.8倍に
Tagged on:             

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です