ブログやサイトの記事を複数ページに分割するメリット6つとポイント2つ

いきなりですが、長い記事を読むのが好きな人はいるでしょうか?僕は本のようにめくれるのならいいのですが、web上の縦に長い記事を読むのが嫌いです。特にランディングページと呼ばれる商品広告のような記事は読まされていると感じるほど長いのがあり、個人的には好きじゃありません。

今回、長い記事のページを区切ったら、たまたまアドセンスの収益が2倍、サイトの平均滞在時間が50%上昇、PVもになったのでその方法を紹介したいと思います。

1記事を複数記事に分割

読み進んめているという実感も欲しいため、ページが付いている方が好きです。そういった個人の思考も含んで1ページで表示されている記事を分割して2~10ページで表示されるようにしてみました。

アドセンスの収益が2倍に

最も大きいメリットとしてはアドセンスの収益が2倍になったことです。ページを分割したことで、アドセンスの露出率が増加して収益の増加に結びついたのだと思います。スクリーンショット 2015-09-13 13.48.14

7/29~8/18

スクリーンショット 2015-09-13 13.46.18

8/19~9/8

スクリーンショット 2015-09-13 13.45.49

 

PVは44%UP

記事を分割したことでページ数が増えたため、PV数も44%も増加しました。

スクリーンショット 2015-09-13 13.34.22

セッションは4%増加でも

ここで見るべきポイントは、セッション数やユニークユーザー数が4%と微増であるにもかかわらず、PVが46%も伸びている点です。特にバズがあったわけでも、記事の表示ランキングがいきなり上がったことが原因ではないことがわかります。

平均セッション時間は47%増加

1記事を複数にしたことで滞在時間が短くなるものだと思っていたのですが、アナリティクスの結果ではなんと47%も1セッションの滞在時間が伸びました。

スクリーンショット 2015-09-13 13.36.29

滞在時間が伸びた理由はページを分割することでスクロールして流し読みすることが減ったこと、または読者がより興味を持って読みやすい形にできたからだと思います。

それにしてもページを分割するだけで、こんなにもサイトの利便性を上げられたのには驚きです。

平均ページセッション数は39%増加

記事を分割したことで1人あたりのセッション数も大幅に改善しました。最終的には一人当たり、2.11ページ/セッションまで増えることとなりました。

スクリーンショット 2015-09-13 13.36.29

直帰率も20%改善

ページを分割する前は80%以上もあった直帰率が65%まで抑えることができました。

スクリーンショット 2015-09-13 14.20.29

 

平均掲載ランキングは0.5位上昇

アナリティクスだけを見ると良いことだらけですが、ページの評価が落ちて、上位表示されなくなるという恐れがありました。

なのでここもしっかりとチェック。ウェブマスターツール(google console)で調べた結果、平均掲載ランキングの方も14.5から14.0と0.5ポイント改善していました。

スクリーンショット 2015-09-13 14.26.15

 

ページ分割する方法

ページ分割をする方法とポイントを2つ紹介します。

改ページの設定

TinyMCE Advancedをプラグインの新規追加からダウンロードして有効化します。その後、ワードプレスのダッシュボードにある「設定」からTinyMCE Advancedを選択し図のように「改ページ」のアイコンををメニュバーへとドロップオフ、その後設定を保存して完了です。

スクリーンショット 2015-09-13 14.42.40

改ページの挿入

実際にページを改めたいところに、カーソルを合わせて「改ページ」のタグを挿入します。これでページは分割されます。

スクリーンショット 2015-09-13 14.50.32

ページ分割するポイント2つ

文字数は800文字以上

これは個人的にですが、1ページあたりの文字数は800文字~1000文字くらいにしています。その理由は以前800文字くらいから記事としての評価が高くなるというのを聞いたのと、読み書きしやすい原稿用紙が800文字程度だったからです。

分割してちょうど読みやすい量、seo的にもちょうどよいコンテンツ量というのが基準です。

H2タグの前に挿入

アドセンスでマネタイズを強化する場合H2タグの直前で改ページをすると2記事目、3記事目にもアドセンスを表示させることができます。更に最もクリック率、クリック単価が高いページ上部で表示できるのでとても効果的です。

アドセンスの位置

僕がアドセンスを貼っている方法を紹介します。プラグインを使わずに自動的に記事中にアドセンスが表示できること、そしてH2タグの上に貼り付けられるので記事の分割にも最適です。

アドセンスでの収益を増やすにはアドセンスがデフォルトでタイトル下、もしくは1番最初に使われる見出し2の上に貼られている必要があります。設定方法はこちらの記事に書いてあるので確認してください。

プラグインを使わずにアドセンスをH2タグの上に連続して表示させる方法

複数ページにした際にも常にタイトル下にアドセンスが表示されるのでアドセンスのクリック率が高くなるのも理解できます。

 

以上アドセンス収益が2倍になった方法でした。アドセンスが記事内に入っていることが最低条件になってきますが、1ページに3つまでしか表示することができなかったアドセンスが2ページにするだけで6回、3ページにすれば9回は表示できるようになります。

さらにタイトル下などのページ上位にアドセンスを貼ることでより効果的に収益率を上げることができるでしょう。是非試してみてください。

まとめ

日本ではランディングページといえば縦長でスクロールしていくものが主流ですが、これは日本独自であるという話も聞きます。個人的には縦長のLPは読まされている感があり好きじゃありません。

巻物よりも本のようにページが短く区切ってあるほうが好きです。成約率を高めたいページにおいては離脱率も高くなってしまうかもしれませんが、ページ分割をして得られるメリットは十分大きいと思います。

ブログやサイトの記事を複数ページに分割するメリット6つとポイント2つ
Tagged on:                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です