2016年最新pinng送信先一覧を海外から厳選!281コ集めてきました

2016年のping最新一覧を海外の有名サイトからかき集めてきました^^(2016/1/23現在)

pingの効果は薄らいできているといいますが、知り合いのブロガーや成果を出している人は結構細かくこのpingの設定に拘っています。

そんなpingの一覧は下の方にあるので、「どうでもいいからping一覧を早くよこせ!」という方は下の方にスクロールしてもらうと見つかるのでコピペして使ってください^^

なぜping送信が重要なのか?

ping送信の重要さはよくいろいろなサイトで紹介されているので知っている人も多いと思いますが、

 

「記事の更新と新規記事の追加」をGoogleなどの検索エンジンに認知してもらうことです。

 

いくら良い記事を書いても検索エンジンに認知されなければseoでのアクセスは見込めませんね。

 

それから、最近は新規記事を追加するよりもすでにある記事を修正・更新することでseoの効果を高めるという話もよく聞きます。

 

実際に僕が運営しているブログでもそのような傾向はあります。

 

読み直してみると、おかしな文言だったり辻褄が合ってなかったりみたいな文章は結構あります。

 

そういうのを直すと読みやすくなるので内部SEO的にも効果的です。

 

ただ、こういう「記事が修正・改善されましたよー」ってことを世界中にあるpingサーバーに教えてあげないと。Googleにも認知されません。

 

ping送信が重要なのはGoogleへ認知させるためなんですね。

 

ping送信はお早めに

検索エンジンにインデックスされるのが早い方がseo的にも効果的です。もちろんこれは、読み応えのある記事、ベネフィットの高い記事であることが前提ですが。。。

 

誰も書いていないような記事を一番先に書けばアクセスは独り占めです。

 

でも、すでに同じような記事がある場合、もしくはほぼ同じ時間帯で投稿された記事である場合、早くインデックスされている方が読まれるので当然アクセスは集めることができます。

 

海外のping送信でスパム・エラーの危険性は?

僕が集めてきたping送信先一覧は海外のseoチェックサイトmozでか高いオーソリティーレベルのブログから引用してきたので大丈夫かと思います^^

 

根拠なしで「スパム判定を受けない」などという記述をしているサイトもありますが、pingを送信している限り海外のハッカー達にもその情報はシェアされているので、攻撃対象になることはあります。

 

しかし、誰が僕らのような弱小日本語サイトを攻撃するのでしょうか?ハッカーにとってもなんのメリットもありませんね^^;

 

危険性がないわけではないけど、まぁ僕らのサイトが攻撃されるくらいなら、すでに海外の半分以上のサイトが攻撃されていても全くおかしくないでしょう。

さらに言うと、自分でpingをしまくって、それでスパム判定をくらう方がよっぽど確率が高いのではと思います。

 

という感じで、慎重ながらもpingを使いたいという方のために2016年最新のping送信一覧を用意しました。

 

【最新】2016年のping送信先一覧

ということで2016年、みなさんの記事のインデックスが加速することをお祈りしております^^

 

 

2016年最新pinng送信先一覧を海外から厳選!281コ集めてきました
Tagged on:                 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です